MENU

モットンと雲の安らぎの違いは何?使い心地を徹底比較してみました!

 

モットン 雲のやすらぎ モットン 雲のやすらぎ

 

雲のやすらぎとモットンは、どちらも腰痛対策におすすめの高反発マットレスとして、腰痛に悩んでいる方が迷う寝具になっています。
ですが、実は雲のやすらぎとモットンには個性と呼べるものがあり、合う人、合わない人に分かれる寝具でもあるんです。
そこで、モットンと雲のやすらぎの違いを比較し、寝具選びの参考にしていただきたいと思います。

 

雲のやすらぎvsモットン ここが違う

 

大きさと重さを比較

 

モットンと雲のやすらぎでは、大きさや重さに違いがあるのでしょうか?

 

モットン

雲のやすらぎ

モットン 雲のやすらぎ

 

大きさ:長さ195cm×横幅97cm
厚み:8cm 
重さ:約4.4kg

 

二つ折りや三つ折りにたたむことが出来る厚みになっています。
たたむことが出来るために持ち運びなどはしやすいというメリットがあります。

モットン 雲のやすらぎ

 

 

大きさ:長さ200cm×横幅100cm
厚み:17cm
重さ:約7kg

 

厚みがあるために折りたたむことが非常に難しくなっています。
そのため持ち運びがしにくいというデメリットがあります。

 

モットンと雲のやすらぎには厚みと重さに大きな違いがあることが分かります。
寝心地を重視している敷布団である雲のやすらぎと、腰痛対策を重視しているモットンの違いがここに出ていると感じます。

 

素材の違い

 

モットンと雲のやすらぎは共に体圧分散性や寝返りサポートなどが優れているマットレスになっていますが、その素材には違いがあります。
素材の違いの部分をチェックしてみましょう。

 

モットン

雲のやすらぎ

 

モットン 雲のやすらぎ

 

一枚板のウレタンフォームが中芯として使われ、その表面はタオル地のカバーに覆われています。

 

ウレタンフォームは発泡の状態によって湿気を上から下に逃げさせることができる構造になっています。
程よい硬さがありますが、同時に硬すぎないので身体の重たい部分である肩甲骨やお尻は適度に沈み込み、背骨を理想的な状態に保つことが出来るようになっています。

 

さらに、一部に負担が掛からないように体圧分散を行ってくれるため、肩や腰などが重みによって負担が掛かるということがありません。

 

ウレタンフォームの反発力によって、寝返りをするときにはマットレスが身体を押し上げるように働き、寝返りをサポートすることが出来るようになり、寝返りで体力を消耗するということがありません。

 

モットン 雲のやすらぎ

 

実際に10kgのタンクをモットンの上においても、タンクの部分だけ沈み込むということがありません。

モットン 雲のやすらぎ

 

雲のやすらぎは断面でみると5層構造になっています。

 

中芯にはアルファマットというスポンジ状で突起があるものが使われ、このアルファマットが体圧分散機能を持っています。時の先端で身体を支え、体重をうまく逃がしてくれるので体圧分散を行うことが出来るんです。

 

表面の部分には羊毛がぎっしりとはいっているため、適度な硬さがありますので、身体が不自然に沈み込むことを防ぎ、背筋を理想的な形に保つことが出来ます。
沈み込むことがないため寝返りをする時には余計な力を使う必要がありません。

 

モットン 雲のやすらぎ

 

10kgのタンクを置いてみると、タンクの部分はやや沈み込んでいるように見えますが、中芯のアルファマットの部分までは沈み込んでいないことが分かります。

 

リバーシブルになっていて、春夏は通気性を確保、秋冬は保温性重視という構造になっています。

 

モットンと雲のやすらぎでは、もともとの目的が違うため、素材などについてもかなり違いがあります。
寝心地を重視している雲のやすらぎは寝心地を良くするために羊毛を使っているます。
腰痛対策に特化しているモットンは、寝心地よりも体圧分散や寝返りサポートに力を入れているということが分かります。

 

実際に使ってみた場合に感じる比較

 

モットン 雲のやすらぎ

 

モットンと雲のやすらぎを実際に使ってみた場合に感じる点を比較してみましょう。
まずは慎重158cm、体重58kgで、やや筋肉質の女性が使った場合の比較です。

モットン

雲のやすらぎ

 

モットン 雲のやすらぎ

 

仰向きの状態ではお尻と肩甲骨が軽く沈み、背骨のS字カーブがしっかりと保てました。

 

横向きに眠ると方とお尻が程よく沈み込み背骨が真直ぐになりました。
腰や肩に負担が掛かるということもなく、骨盤側面にも負担がかかりません。

 

寝返りについては初日は反発力が強すぎて寝返りをするのが難しいと感じましたが、その後は押し上げられる感覚になれ、寝返りを楽に行うことが出来ました。

モットン 雲のやすらぎ

 

横向きに寝るとややお尻と肩甲骨の部分が沈み込み、真直ぐな状態を保つことが出来ません。

 

仰向けで寝た場合にも、胴体が沈む感覚があり、足と頭が浮いているように感じました。

 

寝返りについては身体が沈むために一度身体を持ちあげるような感覚が必要になり、寝返りをすることで体力が必要だと感じました。

 

この女性にとっては、モットンは寝姿勢を理想的な状態に保つことが出来、また寝返りも打ちやすいマットレスでしたが、雲のやすらぎについては寝姿勢を理想的な状態に保つことが出来ず、寝返りが打ちにくい敷布団ということになりました。

 

モットン 雲のやすらぎ

 

次に、筋肉量が少ない体重43kgの女性の場合で比較してみたいと思います。

 

モットン

雲のやすらぎ

モットン 雲のやすらぎ

 

肩の部分に筋肉が少ないため、肩甲骨が内側に入りこんでしまいマットレスに沈み、背骨が猫背になってしまいました。

 

お尻や肩甲骨が沈む感覚がなく、仰向けに寝ているとS字カーブが保てない状態になります。

 

寝返りも反発力が強すぎて難しいと感じました。
寝ていてい非常に硬いと感じ、寝にくいと感じました。

モットン 雲のやすらぎ

仰向けの状態では羊毛部分い適度に重たい部分が沈むので背骨の位置を理想的な形に保つことが出来ます。

 

横向きの場合にも真直ぐな背骨をキープすることが出来ます。

 

寝返りについても反発力を感じず楽に寝返りを打つことが出来ると感じました。
羊毛部分への身体の沈み込みが浅いので、沈み込みによる寝返りのしずらさも感じませんでした。

 

布団にしては硬いという感じがしました。

 

筋肉量が少ない女性の場合、モットンはうまく体を支えてもらうことが出来ずに、反発力の強さゆえに寝返りが難しいと感じるということが分かりました。
雲のやすらぎの方が寝姿勢を保つことが出来、寝返りも楽にできます。

 

体格によって、モットンと雲のやすらぎには合う・合わないということが分かりました。

 

モットンと雲のやすらぎ、それぞれの特徴

 

モットン 雲のやすらぎ

 

モットンと雲のやすらぎには、個性があるということは最初に説明しましたが、体格が違う方で試してみた結果を見てみるとかなり具体的に個性の違いによって合う人と合わない人がいることが分かってきました。
ここでもう一度モットンと雲のやすらぎの特徴を見直してみましょう。

 

モットン

 

ウレタンフォームの高反発マットレスである。
もともと腰痛対策のために作られたマットレスである。
筋肉を休ませることで腰痛を改善・予防することができる仕組みになっている。

 

雲のやすらぎ

 

特殊な5層構造で、表面には羊毛を敷きつめ寝心地が良い敷布団である。
もともとは寝心地を重視した敷布団として作られている。
寝心地を良くすることでストレスを解消させ快眠することが出来る。

 

 

このような特徴があるため、モットンと雲のやすらぎでは、腰痛のタイプや体格などによって合う・合わないというものが出てきます。

 

あなたに合うのはどっち??

 

モットン 雲のやすらぎ

 

腰痛のタイプや体格によって、モットンと雲のやすらぎには合う・合わないということがあることが具体的に分かってきました。
そこで、実際に合う・合わないとチェックして行きたいと思います。

 

筋肉量が多く日頃から体を使う仕事としている→モットンがおすすめ

モットン 雲のやすらぎ

 

体を使う仕事をしている人は全体的に筋肉量も多い傾向があります。
同じ動作を繰り返して仕事をすることも多く、筋肉のバランスが崩れてしまうことが多いという特徴もあります。
筋肉量が多い方にとって、雲のやすらぎは身体を支える力が弱く、雲のやすらぎがもつ体圧分散機能もどうしても弱く感じます。
このタイプの方は骨格をととのえ、筋肉をしかりと休ませることが出来るモットンがおすすめになります。

 

筋肉量が少なく華奢な方→雲のやすらぎがおすすめ

 

モットン 雲のやすらぎ

 

筋肉量が少なく華奢な方はモットンのように反発力が高いマットレスで眠ると、寝返りを打つときのサポート力が強すぎ、寝返りが難しいと感じます。
せっかくの体圧分散機能も上手に使いこなせないため、逆に寝ているのに疲れるという結果をもたらしてしまいます。
一方雲のやすらぎのように適度に表面に羊毛が入り柔らかい布団を使うことで適度に体が沈みます。
中芯はしっかりとしているので、沈み込み過ぎないため、寝ている間の姿勢を理想的な状態に保ち、沈み込み過ぎないので寝返りも楽にうてます。
理想的な睡眠を取ることが出来る雲のやすらぎがおすすめになります。

 

スポーツマンタイプの方→モットンがおすすめ

 

モットン 雲のやすらぎ

 

日頃からスポーツをしているという人は、筋肉量が多いという特徴があります。
スポーツの中には全身運動を行うものもありますが、ある一定の動きを繰り返すスポーツも多く、実は筋肉のバランスが崩れてしまっているというケースも多くみられます。
筋肉をしっかりと休ませることが出来るモットンの方がおすすめになってきます。

 

ストレスで腰痛を感じるタイプの方→雲のやすらぎがおすすめ

 

モットン 雲のやすらぎ

 

骨格や筋肉にはとくに問題がないのに腰痛が酷いという方の場合、その腰痛はストレスによって起こっている可能性が高くなります。
リラックスして眠るということは上手なストレス解消法の一つです。
モットンにくらべると雲のやすらぎはもともと雲のうえに寝ているかのような心地よい眠りができる敷布団なので、寝ている間のリラックス効果を得ることが出来ますので、ストレスからくる腰痛を改善していくことができます。

 

デスクワークが多いタイプの人→モットンがおすすめ

 

モットン 雲のやすらぎ

 

デスクワークが多い人は、実は腰椎や骨盤などに大きな負担がかかりやすく、歪みが起こっていることが多くなります。
このタイプの人は体圧分散機能がすぐれ、骨格を整えてくれる効果があるモットンのほうがお勧めになってきます。

 

うつぶせ寝をする人→雲のやすらぎがおすすめ

 

モットン 雲のやすらぎ

 

うつぶせ寝は首に大きな負担をかけることがある寝姿勢です。ですが、骨盤周りの筋肉を休めることが出来る、リラックス効果がある、睡眠中の呼吸が楽になるといったメリットもあります。
ポイントとしてはうつぶせ寝でも首に負担が掛からないことが必要ということになります。
モットンは身体が沈み頭が上がるために不自然な角度になります。その結果首を捻挫してしまったり寝違いを起こしやすくなります。
雲のやすらぎは頭だけが上がってしまうということを防ぐことが出来るので、首に負担がかかりません。

 

身体が非常に硬い人の場合

 

モットン 雲のやすらぎ

 

身体が非常に硬い人の場合、実はモットンも雲のやすらぎも、どちらも不向きです。
身体が非常に硬い人は寝ている間も身体のバランスを取りにくく、モットンの反発力によって寝返りに難しさを感じ、雲のやすらぎの硬さによって身体が接する部分に強い圧迫感を感じます。
睡眠中にしっかり筋肉を休ませることができる寝具がおすすめであり、モットンや雲のやすらぎはこの点では向いていないということになります。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?
モットンと雲のやすらぎの違いを比較し、そしてそれぞれタイプごとにどちらのマットレスがお勧めになるのかということをご紹介してみました。
特徴があるマットレスであるモットンと雲のやすらぎだからこそ、その特徴を上手に利用して行きたいですよね。

 

モットンのさらに詳しい体験談はコチラ

こちらも参考にしてみてください!